TOP > 診療内容 > 運動器リハビリテーション

運動器リハビリテーション

運動器リハビリテーション

<対象疾患>
四肢・体幹の外傷(骨折・脱臼・捻挫など)
慢性疾患(関節の変性・炎症、椎間板ヘルニアなどによる神経の圧迫障害など)

<リハビリ内容>
理学療法士により、計画的に行われます。
関節可動城訓練・筋力強化訓練・日常動作訓練・物理療法などを組み合わせ、身体の機能回復を図ります。

パワーリハビリテーション

パワーリハビリテーションとは、日常生活の動作をより活動的に、かつ安全に行うために、身体的なPowerの向上を図り、それを基に社会的活動・社会参加を促進する、総合的アプローチのことを言います。
要介護の高齢者の方などの、動作性と体力の向上を目的として、介護予防・自立回復・介護軽減を目指す、新しい運動プログラムです。

物理療法

温熱・冷寒療法やマッサージ、電気的治療を器機を用いて行います。