TOP > 診療内容 > プラセンタ療法

プラセンタ療法

プラセンタの効果

本来は肝機能障害・更年期障害の治療薬として厚生省認可を受けている薬ですが、健康な方への投与で、美容・美白・健康の維持・疲労回復・肩こり・腰痛など多岐に渡る効果が得られることがわかっています。
年齢性別を問わず行なえますので是非お試し下さい。
効果ははぼ皆さんに実感いただけると思います。

プラセンタとは?

プラセンタ注射とは、ヒト(日本人)の胎盤から抽出したエキスを注射製剤にしたものです。胎盤とは、妊娠中の母体と胎児をつなぐ臓器で、赤ちゃんの発育に必要なものがたくさん詰まった栄養の宝庫と言えます。
胎盤は胎児が成長していく過程で必要な様々な生理活性物質をあたえます。

なお、使用するプラセンタエキスは、ウイルス感染(肝炎、エイズなど)及び細菌感染がない日本人の胎盤から抽出し、さらに加熱殺菌処理(121℃・20分間の高圧蒸気滅菌)も厳密に行われていますので、ウイルス・細菌の感染症の心配はありません。またホルモン成分も入っていないので、長期に使用しても安全です。

プラセンタに含まれる有効成分

チロシナーゼ・インヒビター、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、各種サイトカイン、核酸塩基、各種細胞増殖因子など…

—プラセンタ注射の注意—

●病原性プリオンに関するメーカーの考え

正常のプリオンが変異するには一定の時間が必要ですが、ヒトプラセンタは、約10ヶ月しか母親の体内に留まる事のない極めて暫定的な組織です。

また、本製品を含めヒトプラセンタを原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は、現在までに国内・国外ともにありません。

しかし、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の伝播のリスクを理論的には完全に否定することはできません。
なお、ラエンネック(プラセンタの製品名)を含む人胎盤由来製剤使用者では、このことから献血ができなくなります。

ラエンネックは狂牛病のプリオンというタンパクは取り除くことが出来ないため、上記メーカーの考えにもあるように、理論的に感染の確立を否定することはできません。しかし、加熱製剤なので、ウイルスや細菌などの病原性微生物による感染の対策は確立されています。

また、あくまでも美容治療目的として使用する注射なので、プラセンタというお薬を良くご理解いただき、同意書を頂いてからの治療となりますことをご理解ください。

■料金表

タイプ金 額
1 プラセンタ注射1,590円
2 総合ビタミンカクテル注射1,470円
3 プラセンタ+総合ビタミンカクテル注射1,830円
4 プラセンタ2本注射1,960円
5 プラセンタ2本+総合ビタミンカクテル注射2,200円

     ※全て筋肉注射で、所要時間は1〜2分程度です。
     ※初診料・再診料はかかりません。
     ※料金はすべて税込表示になっております。